たかはしはメガネと補聴器の専門店です。                          お問い合わせはこちら プライバシーポリシー
ありがとうございます!メガネのたかはしは創業45周年を迎えることができました。

          @「フレームの前後バランスは良好か?」
          A「適度なサイドホールド感があるか?」
          B「フレームに適した素材であるか?」
          C「細かな調整が可能か?」

 @の「前後バランス・・・」については、フレームの「重心位置」が影響します。
 ・左の図では重心が前方にある状態です。
  ずれやすく、鼻にも負担がかかり実際に
  総重量が軽くても重く感じます。
 ・重心が後方に移動すると鼻への負担が
  減り、軽く感じます。
 ・テンプル先にバラストを埋めて、より
  重心を後方へ移動させる手法を採用して
  いるフレームもあります。このフレーム
  なら少々重くても軽く感じます。
 
 Aの「適度なサイド・・・」については、下の図のようにフレームのつる「テンプル」を
 頭部の輪郭に合わせてカーブ、幅を微調整いたします。これらも素材によっては、ほとんど
 調整できないものもあるのです。
 
 Aの「適度なサイド・・・」 Bの「素材」も
 
Cの「細かな調整が可能か?」の中に含まれます。
      
      
素材が悪いと細かな調整が出来ず、適度なサイドホールド感も
      得ることができないのです。
 

  
理想的なメガネ選びは以外に難しいものです。しかし技術、知識を持つ店で
  相談されることが最も近道かもしれません。