たかはしはメガネと補聴器の専門店です。                           お問い合わせはこちら プライバシーポリシー
ありがとうございます!メガネのたかはしは創業45周年を迎えることができました。
 ■ 補聴器の種類(形式)について

 耳の中に入れて使用する
「耳穴タイプ」と耳に掛けて使用する「耳かけタイプ」
 さらに本体とイヤホンをコードで繋ぐ
「ポケット(箱)タイプ」があります。
 操作のしやすさ、聴力の状態に合わせて選ぶことが大切です。下記の装用写真を
 御覧ください。

・耳穴タイプ
 ・CICと呼ばれる最も小さな耳穴タイプです。耳の奥
  の方に入るため、外からは見えにくいので、とにかく
  目立たない補聴器をご希望の方におすすめします。対
  応できる聴力は
軽度難聴からやや中度難聴までです。
 ・ITCとよばれる中程度の大きさの耳穴タイプ。外か
  らもわかる大きさとなります。
  一般にこのITCが多く使用されており、対応聴力も
  幅広く
軽度難聴からやや高度難聴までとなります。
 ・大きな音量が必要になると左写真のITEのように大
  きくなります。中の機器が大きくなるからです。
  ただし大きいので操作性はよくなります。
  対応聴力は
中度難聴から高度、重度難聴になります。

・耳かけタイプ
 ・これは耳かけタイプBTEです。写真のように
   メガネのように耳に掛けます。本体から耳栓までチュ
   ーブが伸びているのが特徴です。対応聴力も機種が変
   わりますが
軽度難聴から重度難聴までカバーします。
 ・同じ耳かけタイプでもこれは軽度難聴向けの機種。
  本体も硬貨くらいの大きさで軽く、
  
 「つけている気がしない」と評判です。
  耳栓に伸びるチューブも専用の非常に細いもので
      目立ちません。また音のこもり感もなく初めての方に特にオススメです。