たかはしはメガネと補聴器の専門店です。                           お問い合わせはこちら プライバシーポリシー
最強!デスク専用メガネ!


  
■ デスク専用メガネとは?


  現在、ほとんどの机上作業がパソコンがメインとなりました。
 昔の書類が積み重なって、がさがさしていた頃と比べると大違いです。(古い?)
 若い頃は、PC作業もあまり苦になりませんが、40歳後半あたりから「眼が疲れ易い」
 「長時間続けられない」「文字がぼやける」
など個人差はありますが、今までに経験の
 無い症状を感じることが多くなります。
 これらの根底にあるのは「老眼」です。好まれない言葉ですが皆、平等に訪れます。

 「老眼」は眼のピント調整機能が衰える現象です。多少見る距離が変化しても良く見えて
 いたのは、ピント調整ができていたから・・・。老眼になると近くの文字などが見づらく
 なります。(近視の方は近視が老眼を相殺するので裸眼で見える)
 だったら「老眼鏡を作れば済むのでは?」とまず考えます。しかし実際は・・・。

 対象物の距離で微妙に変化がでてきます。
 左図では手前の書類にピントは合うものの
 奥のモニターは距離が違うのではっきりしません
 これは老眼鏡の設定距離が手前の書類になっているため
 設定距離ではないモニターには焦点が合わないのです。
 反対にモニターに距離を合わせると、今度は書類に
 焦点が合いません。

 ならば、遠近両用の登場となります。が、
 実は遠近両用は遠方視野を広く設計されているので、
 中間、近距離は左右の見える幅が狭くなります。(左図)
 このため、見えるけど狭い状態になり、見やすいとは
 言えません。



 デスクメガネは設定例として、
 近くを35センチくらい、中間距離を
 70センチから100センチあたりで設定します。
 デスク用なので、モニターまでの距離で
 変化します。
 左図の見え方を実現するには、デスク専用で
 ないとチョット無理です。
 このようにレンズ設計の違いでこれだけ変化
 します。使用環境に合わせてレンズを選定
 しないと使い易いメガネができないことが
 良くわかります。

            「キャンペーンのお知らせ」
 今回、たかはしでは、デスクグラスセットをレンズ付きで税込\15、800にて
 お求め易くご提供いたします。
 詳しくはスタッフまでお問い合わせくださいませ。